三島南病院の看護について

NURSING

ホーム / 看護部を知る / 三島南病院の看護について

急性期から回復・慢性期、
在宅まで。
三島南病院は
ケアミックス型病院として、
幅広い領域で医療と看護を
提供しています。

急性期外科

消化器外科、整形外科、脳外科、泌尿器外科の混合外科病棟。各科の特徴を捉えた上、患者さんが安心、安全に手術を受けられるよう、一人ひとりに合わせた看護を提供しています。

病棟からのメッセージ

急性期病棟
急性期病棟勤務

対象になるのは頭から足の先まで全身。急性期外科に関わる幅広い知識、技術を求められるので、看護師としてとても成長できる病棟だと思います。術前術後の患者さんはさまざまな不安を抱えています。しっかり支えられるように、病棟一丸となって取り組んでいます!

急性期内科

難病疾患も多い神経内科をはじめ、消化器、呼吸器、膠原病、内分泌など、幅広く内科疾患の患者さんの受け入れを行なっています。入院時から退院を視野に入れた支援に力を入れています。

病棟からのメッセージ

急性期病棟
急性期病棟勤務

パーキンソン病、重症筋無力症、ALSなど、難病患者さんも多くおられます。また、対象が全身の内科疾患のため、看護について学ぶことがたくさんあります。先輩のフォローを受けながら、看護師として成長したいという人にはぴったりですよ!

回復期リハビリテーション病棟

患者さんの能力を最大限に伸ばせるよう、医師、看護師、リハビリ部門、メディカルソーシャルワーカーがチーム医療を実践。退院後の生活を見据えたご家族への支援も大切な役割です。

病棟からのメッセージ

回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟勤務

私たちの病棟は患者さんがリハビリを通して回復していく姿を間近で見られることが大きな魅力です。リハビリは一日では劇的な変化を得ることができません。しかし、毎日コツコツと頑張る患者さんを24時間支え、ともに成果を喜べるなど、やりがいに溢れています。

地域包括ケア病棟

内科、外科を問わず、幅広い疾患を持つ患者さんが自宅や施設に帰るためにリハビリを行い、また在宅療養の環境を整えるのがこの病棟。糖尿病の教育入院にも対応しています。

病棟からのメッセージ

地域包括ケア病棟
地域包括ケア病棟勤務

医療処置や日常生活援助をはじめとした基本的な看護はもちろん、多職種と連携し退院支援を行っています。医師、地域連携のスタッフ、栄養士、ソーシャルワーカーなど、幅広い職種と関わることで、看護師としての視野が広がります!

療養病棟

治療がある程度落ち着いた後、継続した医療的ケアを必要とされる患者さんに、リハビリや医療、看護ケアを実施します。在宅復帰に向け、多職種が連携して支援します。

病棟からのメッセージ

療養病棟
療養病棟勤務

長い人生の最後の時間に携わることも多い場所です。寝たきりや話せない人も多くいますが、「人の尊厳」を大切に看護にあたりたいと心がけています。その人がこれまでどんなふうに人生を歩んできたのかに想いを馳せることで、人間的な成長にもつながる病棟です。

外来

11の診療科がある外来では、診察・検査介助を中心に、在宅支援や療養生活における生活指導など、患者さんに安全・安心を提供できる体制を整えています。 地域に密着した病院ならでは、患者さんやご家族とのコミュニケーションを密にして、安心して診察を受けていただけるよう心がけています。

メッセージ

外来病棟
外来勤務

外来に来られる方は「患者さん」であると同時に、私たちと同じ地域での「生活者」でもあります。治療のサポートだけでなく、自宅でのQOLを見据えた関わりがより一層大切です。三島南に来てよかった、そんなふうに思ってもらえる外来に一緒にしていきましょう!

血液浄化センター

血液浄化センター

三島南病院では血液透析をはじめ、持続緩徐式濾過透析(CHDF)などの治療を行う「血液浄化センター」を運用しています。全24床を持つこのセンターでは透析中の患者さんのマネジメントのほか、透析機械の操作、維持透析のための生活指導、フットケアや精神面などの総合的支援、導入時の指導、そしてご家族へのサポートなどを看護師が対応。インターベーション治療であるシャントPTAの介助といったシャント管理でも大きな役割を担っています。

手術室・中央材料室

血液浄化センター

当院には手術室3室があり、整形外科、消化器、外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科の手術が日々行われています。安全な手術が行われるよう準備や設定をし、一方、手術を受ける患者さんには安心していただけるよう、術前・術後に訪問を行い、不安の緩和に努めています。また、中央材料室として、病棟・外来への滅菌器械の払い出し管理も重要な業務として行っています。

(看護外来)フットケア外来

血液浄化センター

外来看護師と糖尿病療養指導士が、足を守るための観察の仕方や日常生活でのケアを中心に、糖尿病の方の生活全般について丁寧に指導とサポートを行っています。医師に直接言えなかったこと、言い忘れたこと、どう表現すればいいかわからないこと……。フットケアというゆっくりした時間の中でそれらを引き出し、サポートにつなげるよう、一人ひとりとの関わりを大切にしています。

ページトップへ