若手看護師

PERSON

ホーム / 働く人を知る / 若手看護師

急性期内科病棟 卒後4年目

経験を積むほどに、
責任もやりがいも
増えていきます。

急性期内科病棟で点滴治療や内服管理、毎日のバイタルサインチェックや症状の観察、ADLの介助などを行っています。また、患者さんは認知症を持つ高齢患者さんが多いので、転倒・転落の予防に努め、日々カンファレンスを実施しています。経験豊富な先輩が多いと言えども、いつまでも新人気分で過ごすわけにはいきません。2年目以降は後輩も入り、プレッシャーや責任を感じる場面も増えてきます。しかし、自分がケアをした患者さんが次第に元気になっていく様子や、退院する日の笑顔を目にすると大きなやりがいを感じます。また、患者さんから名前でお呼びいただいたり、ありがとうの声をいただくと、とても幸せな気持ちになります。

これからは社会福祉士の資格や知識も生かせれば。

新人看護師にとって
一番身近な先輩に
なれたら。

入職して4年目を迎え、病棟にも後輩が増えるようになってきました。私自身もそうでしたが新人の頃は特に何をすればいいのかわかない、それを聞くことさえもためらってしまうということがあると思います。知識や技術の指導を私が直接する場面は多くありませんが、スタッフステーションで手持ち無沙汰になっている新人に声をかけたり、先輩に一緒に質問をしたりと、積極的に声をかけるようにしています。そうしたフォローは、きっと年齢が近い私の役割。困ったときに気軽に相談をしてもらえる、そんな存在になれたら嬉しいです。

ページトップへ