教育担当者看護師

PERSON

ホーム / 働く人を知る / 教育担当者看護師
教育担当者看護師

外来勤務

新人教育はもちろん、
継続教育にも
取り組んでいます。

外来で各科一般診療の介助業務、救急患者さんの受け入れや、糖尿病看護外来を担当しています。在院日数の短縮化が進む今、診察だけでなく、在宅療養全体へのフォローへと外来機能も多様化しています。患者さん一人ひとりと関わる時間はとても短いですが、その分不安や、患者さんを取り巻く状況に常に心を配り、少しでも安心して地域で生活していただけるように努めています。
また教育担当者として、チーム医療の中で看護の力を発揮し、看護ケアの質の向上を図るため、継続教育にも力を入れています。新人はもちろん、キャリアを積んだ人、子育てから復帰する人、ブランクを持って復職する人……、みんなに成長の機会を用意できたらいいですね。

病院全体に
前向きなエネルギーが
溢れるように。

どれほどキャリアを積んだとしても、日々の看護の中では時に悩み「本当にあの対応で患者さんのためになっていたのだろうか」と葛藤することがあります。そんなときにこそ共に考え、学びながら、一緒に成長していける存在になれたら嬉しいですね。また、学びの機会を通して知識や技術の向上はもちろん、看護師一人ひとりがいつまでも若々しい心を持ちつづけられるようにとも願っています。
そして、患者さんのため、自分のために「もっとこんな看護がしたい」と前向きなエネルギーに溢れた病院にしていく。それもまた、私たち教育担当者の大切な仕事だと思っています。

ページトップへ