教育・研修について

EDUCATION

ホーム / 教育を知る / 教育・研修について

三島南病院の教育研修
サポートシステム

新人はもちろん、中途採用や中堅以上・スペシャリスト育成まで、スキルアップを手厚くサポートします。

キャリアラダー
システムキャリアアップを応援します!

日本看護協会版に準じた看護師のキャリアラダーを採用。

教育担当者メッセージ

新人のためのローテーション

新人看護師は、1年目に機能の異なるすべての病棟を経験し、看護を学ぶことができます。

ローテーション研修で、実践!て

頼りになる先輩たちがいつもそばに。病棟全体で新人看護師を
バックアップ。

メッセージ

病棟ごとに特徴の
ちがった看護を学べる!

現在はローテーション研修で3つ目の病棟になる、急性期外科病棟で働いています。治療が中心になる急性期、日常生活に戻るための回復期など、それぞれの病棟によって、特徴のちがった看護を学ぶことができます。また、病棟が変わるたびに一から丁寧に教えていただけるのもとても心強く思っています。

メッセージ

知識や技術だけでなく
安心感も与えたい

知識や技術だけでなく、安心も与えられる。そんなチューター看護師になれるよう、指導や教育をすることと同じくらい、新人看護師の居場所づくりにも気を遣っています。ローテーション研修で関わった後輩が数年後も頑張っている姿を見ると、やはり嬉しい気持ちになりますね。

メッセージ

一人ひとりがその人らしく
輝ける場所に

私たち看護師は、人を大切に想う仕事です。一人ひとりの患者さんを大切に想うように、一緒に働く仲間一人ひとりを大切に想っています。新人看護師の皆さんがその人らしく輝けるように、私たちが全力で支えていきます。

大阪医科薬科大学との
教育プログラム連携

大阪医科薬科大学病院看護部
との合同研修

最新医療設備を備えた研修室を利用して
新人研修や各領域の専門家たちによる講習が行われます。
大学グループ病院ならではの教育プログラム を受けることが可能です。

他施設との研修

大阪医科薬科大学・医療技能シミュレーション室を利用して実践的な研修を行っています。

大阪医科薬科大学・看護学部
との連携

IBL教育
アセスメント能力向上を目的に、大阪医科薬科大学看護学部の教授・講師の方々を中心に「IBL教育(問題探求型学習)」を実施しています。中堅看護師を対象として始めた学習会も徐々に対象を広げ、講義のあとのグループワークでは「この患者さんやご家族に、どんな看護を提供するべきなのか」を考える力を培うことができます。

IBL教育について

教育担当者メッセージ

教育担当者メッセージ
回復期リハビリテーション病棟

一人ひとりの最初の一歩を
支えていきます

学生時代に思い描いたことと、実際に働いてみて感じること。そこにはギャップがあるかもしれません。しかし、三島南病院ではローテーション研修をはじめ、病院全体で新人の皆さんを支えています。看護を、患者さんを、自分のことを好きになれる。そんな一年を過ごしてください!

不安なときに、
そっと支えられる存在に

私自身が看護師一年目のときも、大阪医科薬科大学病院から異動してきたときも、新人の皆さんと同じように不安を抱えていました。そのときに支えになってくれたのが、優しく声をかけてくれた先輩たちです。私も新人の皆さんにとってそんな存在になれたら嬉しいです。

教育担当者メッセージ
急性期外科病棟

進学+スペシャリスト
育成をサポート

地域で暮らす患者さんやご家族が、より安心して専門的な医療と看護を受けられるよう、三島南病院ではさまざな資格取得を支援。
認定看護師の取得や特定行為研修の受講にあたっては、勤務の調整や経済的な支援などを積極的に行っています。

教育担当者メッセージ
急性期内科病棟

大学病院とも連携して、
サポート体制は万全です。

病院のサポートのもとで、認知症看護認定看護師の資格挑戦に向けて取り組んでいるところです。先に資格を取得して大学病院で活躍している認定看護師との面談や指導が受けられるなど、バックアップ体制が整っています。必ず合格をして、得た知識を病院に還元できるように頑張りたいと思います!

ページトップへ